自賠責保険と任意保険の優先順位は?

偶然の重なりなどによって発生してしまうことがあるのが自動車アクシデントです。自動車が絡んでいる以上、これは時には、とても大きな損害を発生させてしまうこともあります。ドライバーには、それに対しての備えをしておくことが求められるわけですが、そのための手段として挙げられるのが自動車保険への加入です。自動車保険は自賠責保険と任意保険のふたつの種類があります。自賠責の方は、加入することが法律によって義務となっています。よってもし加入していないことが明らかになった場合には、法律により罰則の対象となります。一方の任意の方ですが、こちらは加入するか、しないかが個人の意思に任せられています。そのため、ドライバーの中には加入していないと言う人もいる可能性もあります。優先順位については、それぞれの保険の補償内容や役割を見ると理解できます。

どちらの方が優先順位は高いのか

自賠責保険と任意保険を比べて、どちらの方が優先順位は高いのかと言うことですが、これは自賠責保険の方が高いと言えます。その理由は、先にも述べ通り、この保険は法律によって加入することが義務となっているためです。任意保険が、自動車を購入した後からでも、自分で保険会社から販売されている商品を選択し、加入することが可能であるのに対し、自賠責に関しては自動車購入時に自動的に加入するのが一般的な流れとなっています。このことからも、この保険に加入する必要性の高さはうかがえます。また自賠責は、車検を受ける際に一括して保険料を支払い、保険の更新をすると言う仕組みとなっています。車検は、自動車を所有している人であれば一定期間ごとに必ず受ける必要があるものです。その際に保険料の支払い、更新が行われると言うことからも、やはりこちらの保険の方が優先順位は高く位置づけられていると理解することができます。

両方の保険に加入しておくのが最も望ましい

ただし優先順位は高いものの、自賠責保険の補償範囲や補償金額では不十分であることも多いと言うのは確かなことです。自賠責の補償範囲は対人に限定されており、またその補償金に関しても、傷害の場合は120万円、命が失われた場合は3000万円までと言うふうに、限度が設定されてしまっているためです。もし、この上限を超えた賠償金支払いを命じられた場合、あるいは自損で自分が大きな損害を負ってしまった場合などは、自賠責だけではカバーすることができないと言えます。これに対して任意の方は、対人補償を基本としながら、自損や対物に関しても補償が適用されるのが一般的です。そして対人補償に関しては、金額無制限であることが多いため、高額な賠償金が必要になった場合でも、とても頼りになります。ですから優先順位に関わらず、自動車保険は自賠責と任意の両方に加入しておくのが望ましいです。