自賠責保険と任意保険の補償範囲は?

自動車アクシデントは、どれだけ気を付けていたとしても起こりうる可能性があります。場合によっては大きな損害が発生してしまう恐れもあるため、自動車保険に加入することでその備えをしておくことは、自動車を運転する人の最低限の責任です。自動車保険にはふたつの種類があります。ひとつは自賠責保険です。これは加入が法律によって義務つけられているため、加入していないことが明らかになった場合は罰則が科せられます。一方の任意保険ですが、こちらは文字通り、加入が個人の意思に任せられています。ですから加入していなくても、法律的には問題はないです。そしてこのふたつは加入に対する義務だけでなく、補償範囲も異なっています。このことを理解すると、両方の保険に加入しておくのが望ましいと理解できます。

自賠責保険の補償範囲~対人に限られている

まず自賠責保険の補償範囲ですが、これは対人損害に限られています。つまり加入者が自動車を運転していて、誤って自動車アクシデントを発生させてしまい、それにより自動車に乗っていた人や歩行者が負った損失に対してのみ、補償が適用されると言うことです。加入者自身や、加入者が運転していた自動車に同乗していた人が損失を負った場合も、これはこの保険の補償範囲外です。勿論、対人のみですから、たとえば誤って電柱にぶつかってしまい車両に損失が発生したと言うような対物損害も、補償の範囲外です。更に対人補償に関しても上限が設定されているのが特徴です。自動車アクシデントにより命が失われてしまった場合は、1人3000万円まで、傷害の場合は120万円まで、後遺障害の場合は段階に応じて75万円から3000万円、介護を要する重度の場合は4000万円までとなっています。

任意保険の補償範囲~範囲が広く、補償も手厚いことが多い

一方の任意保険です。こちらは保険会社により様々な商品として販売されています。そしてその商品により、補償範囲は異なっているのが特徴です。ただし基本的には対人、対物、自損、全てが補償範囲であることが多いです。そして自賠責保険とは異なり、対人補償に関しては、金額無制限であることが多いのがひとつの特徴です。よって自賠責で補償される金額以上の賠償金を請求された場合でも、任意保険に加入していれば不足分を支払うことが可能になると言うことができます。両方の保険に加入しておいた方が良いのは、こうした理由からです。補償範囲は、他にもオプションで充実させることも可能です。たとえば車に乗せていたペットに対する補償や、交通アクシデントの示談を弁護士に依頼した際の費用を補償するものなどが、一例としては挙げられます。