自賠責保険と任意保険の関係と役割は?

自動車アクシデントに備えるための自動車保険にはふたつの種類があります。ひとつは自賠責保険で、これは強制保険とも呼ばれることがある保険です。強制とついているのは、これに加入することは法律によって義務付けられているためです。こちらの保険料は国によって定められており、車検を受ける際に一括して保険料を支払うと言う仕組みとなっています。もうひとつは任意保険で、こちらは任意ですから、加入するかしないかは個人の意思に任せられています。更に保険会社により様々な商品として販売されているので、どれを選ぶかと言うのも個人の自由です。商品によって保険料や補償内容が異なることが多いのが、こちらの保険の特徴です。このふたつの保険は、とても密接な関係にあり、また役割が異なると言えます。

ふたつの保険の補償内容を確認する

このふたつの保険が、どのような関係にあり、どのような役割を持っているかは、それぞれの補償内容を確認すると理解しやすいです。まず自賠責保険ですが、これの補償内容は対人損害に限られています。自損や対物には、一切、適用されることができないと言うことです。そして補償として支払われる金額に関しても上限が設定されています。もう一方の任意保険ですが、こちらは商品により異なるとは言うものの、基本的には対人、自損、対物の全てが補償範囲となっています。またオプション契約を結ぶことで、弁護士費用やペットに対する損害など、更に補償範囲を広げることも可能です。補償として支払われる金額に関しても、対人に関しては金額無制限であることが多いのがこちらの保険の大きな特徴です。つまり任意保険は、自賠責保険に比べると補償範囲が広く、補償金額も充実していると言うことができます。

関係や役割~両方に加入しておくことが必要

まず関係ですが、これは自賠責保険では補償範囲外である部分を、任意保険が補償する関係にあると言うことができます。また自賠責では不足することもある補償金の不足分に関しても、任意の方がそれを補う関係にあると理解できます。次に役割です。自賠責は、あくまで対人損害に限られていること、そしてその補償金額が限定されていることから、自動車アクシデントで損害を負った人に対する必要最低限の補償を果たすための保険と言う役割を持っていると言えます。これに対して任意は、相手に対しては勿論のこと、自分や同乗者、車両などの物に対しても補償が適用されます。また特に人的損害に関しては補償金額の上限が設けられていないのが基本なので、より補償を充実させるための保険と言う役割を持っています。加入が強制である自賠責だけでは補償範囲や補償金が不十分であることも多いので、任意にも加入しておくことが望ましいです。