自賠責保険と任意保険は同一の保険会社にするべき?

車を購入したからには必ず加入することになるのが自賠責保険で、任意保険にも加入しておくとさらに安全度が増します。万が一の事態に備えて、人生を台無しにしないためにも加入すべきものばかりです。両方共、任意の保険会社に加入することで権利が得られるようになりますが、保険会社選びで気になって来るのが、両方の保険は同一の会社にするべきなのかという疑問です。保険会社選びが面倒で、ディーラーがすすめるところに加入する人も多いでしょうが、どちらも自由に選べますので、必ずしも同一にする必要はありません。しかし、同一にしておくと何かとメリットがあるような気がしてきます。果たして本当にメリットがあるのか、車に関する保険の内容の性質を見て、判断するようにしてください。

保険会社の対応に変化はあるのか?

ディーラーや車検の整備工場にすすめられるがまま、自賠責保険と任意保険を同一の保険会社に加入することによるメリットは、実はそう多くはないのが現状です。実際にトラブルを起こしてしまっても、自賠責保険と任意保険の対応の仕方が保険会社を同一にしたからといって、何か特典が得られるということは全くありません。別々の保険会社にわけても対応の仕方は同じです。自賠責の保険は会社によってサービス内容が良くなるといった性質を持っておらず、利用する時に保険会社が淡々と事務的な処理をして対応するだけです。つまり、どこの保険会社を選んだとしても何も変化が見られないのが常識です。特に自分で探し回らなくても、自賠責の場合にはディーラーや車検の整備工場がすすめる保険会社に加入しても構わないことになります。

自動的に連絡できるので同一にしなくても良い

実際に利用したことがない人にはわかりにくい部分ですが、任意保険を利用すると、自賠責保険も自動的に利用することになります。トラブルを起こしたら、任意の保険に加入している保険会社に連絡するだけで済んでしまいます。任意の保険会社が最初に一括でお金を支払います。その後に保険会社が自賠責の保険に対して支払いを請求する流れです。ですので、加入者自らが、それぞれ加入している保険会社に連絡する手間など一切ありません。自動的に保険会社が連絡してくれるためです。保険会社のチラシに同一のところに加入すると連絡が楽になると書かれているケースがありますが、これは知識が不足している代理店が作成したチラシである可能性が高くなっていますので、あまり真剣に考えるようなことではありません。